スマホ表示
TOP > 環境を知る > キャリアステップ

キャリアステップ

テレマートの基本的なキャリアステップ

まずは販売スタッフからのスタートですが、勤続年数に関わらず本人の能力、やる気次第でキャリアを積むことができるのがテレマートの特長です。

キャリアステップの図

先輩職員のキャリアアップストーリー

ショップ営業部BK長 日野 貴資

法人営業部配属。 とにかく結果を残さないといけないという気持ちがありましたが、その気持ちとは裏腹に空回り。会社へ飛び込んで商品を説明出来る所まで行けば良し、殆どが門前払いで気持ちが折れそうになった事も多々ありましたが、「これが当たり前」と逆に開き直って会社を訪問する事によってモチベーションを維持してきました。

ブロック長として複数店舗を担当する事になりましたが、
最初はとにかく店舗のスタッフとのコミュニケーションをとる事を
優先しました。
店舗の問題点を抽出し、どの様にして改善していくのかを店舗責任者と共に意見を出し合い、試行錯誤を繰り返しながらサポートしていく毎日でした。
店舗は生き物であり、同じ日を繰り返す事がない事を実感しました。

店長として店舗を預かる責任者として何をどう取り組んでいくのか
頭の中を整理し、お客様とはもちろん、スタッフとのコミュニケーションを大切にして、まずは店舗の活性化に取り組みました。
お客様はお店の空気を感じ取りますから。。。
一つ一つの接客を大切にする事によってお客様は戻って来てくれます。
また、そういったお客様がいて下さると自分自身も嬉しく思いますし、
さらに頑張ろうという気持ちになり、逆にお客さまに励まされたという感じです。

ブロック長。 自分に課せられたミッションは何かを自分なりに考え、とにかくポジティブであり、問題にぶつかった時には自分だけの意見をぶつけずに、周りの意見を取り込んでいこうと取り組んでいきました。
今、自分自身のモチベーションを上げてくれているのは、店舗スタッフのポテンシャルと元気な笑顔です!笑

私自身も先輩社員となり、振り返るとたくさんの失敗やモチベーションが下がった時に救われたのは先輩でした。 今度は自分達が後輩に対して力を与える事が出来る存在となり、 会社を盛り上げていかなくては・・・と意気込んでいます。

学生さんへのメッセージ

当社の特徴として全社員で新入社員をフォローする事です。
教育担当はもちろんいますが、キャリアや年代の違う先輩方から
知識や経験等、色んな事を教えてもらえる環境であるという職場です。

最初は専門的な知識や言葉を覚える事が大変だと感じるかもしれませんが、
全く慌てる必要はありません。
そこは先輩社員がしっかりとフォローをしてくれますので、
自身の目標に対して「焦らず、腐らず、諦めず」に取り組んで頂けたらと
思います。
明るい職場で気軽に話や相談も出来る先輩ばかりですので、同じ趣味や
スポーツ等幅広い分野で良い関係を築いていけるとも思います。
皆さんも今考えられている夢や目標、そしてその熱い情熱をもう一度見つめ直して色んな事に挑戦してみて下さい。

ソフトバンク扇町 副店長 馬場 愛

長い間、海外に留学していたので日本の携帯の基本的な操作方法もわからず、 業務に関しても覚えることばかりでお客様に何か質問されても全くわからない状態でした。
お客様に「なんや研修生か!」等と強く当たられ、先輩たちにも質問ばかりで迷惑がかかっているのはすごくわかっていたので申し訳なく何度も悔しい思いを味わいました。同じことは2度と聞かない・2度と失敗しない・わからないことがあればその都度メモをして質問するという事を心掛け、公休日は1日使ってプランやオプションをお客さんに説明しやすいように、自分なりの方法で資料を作りました。
その資料を使ってお客様に説明をして契約につながった頃から、自分自身に自信がつき販売する事に楽しさを感じるようになってきました。

店舗の副店長に昇格するにあたり店舗のさまざまな数字、店全体が
今どうなっているかの把握、管理等今までになかった業務がたくさん
増えました。
また店長の公休日は絶対に数字を出さないといけないという責任感に
追われました。まだ私自身業務自体が完全ではないので、まず今自分ができることを見つけ、出来る事から実行していこうと考えました。
お客様やスタッフが気持ちよく過ごせるようにお店のディスプレイのレイアウトを変更したり、イベントの企画などを積極的に行いました。
また、これまで学べなかった店舗スタッフとのコミュニケーションの大事さや日本人の独特な言葉遣いやしぐさのニュアンス等、人として大事なことをたくさん気付く事が出来ました。

副店長の業務内容にも慣れ少し余裕ができてきたので、2年目で重要だと感じた店舗スタッフとのコミュニケーションを密に行い、アドバイスと程良い刺激を与え販売した時の達成感を味わってもらい、全員がほぼ同じように売れるようにすることを考えていきました。
みんなが楽しく仕事できる環境であれば自然とお客様への対応にも影響してくると実感しました。

日本の携帯業界の仕組みや、やり方はどこのキャリアも、とても複雑で外国人のお客様はもちろん日本人のお客様にとってもとてもわかりづらいのが現状です。
また携帯がないと不安になるほど依存している方もいれば、何かあったときのためにだけ使いたいと携帯を持たれる方もいます。
どんな方にでもわかりやすく購入してよかったと思ってもらえる接客をしていきたいと思います。

学生さんへのメッセージ

この業界は特に覚えることがたくさんあるので最初はとても大変だと思います。
わからないことばかりでお客さんに怒られることもありますが、他のクルーがしっかりと頑張っているところを見ているので他の人に協力してもらい、
わからないことはなんでも質問し、1日でも早く1人前になる努力をしてください。
たくさん売れるようになったとき、お客様に喜んでもらえたとき、
自分宛にお客様がご来店してもらえるようになったときにこの仕事をしていてよかったと思えます。