スマホ表示
TOP > 人・仕事を知る > 新卒採用者のホンネ

新卒採用者のホンネ

中途採用者のホンネはこちら

メンバー紹介

  • 4期生
    真柳

  • 4期生
    真喜屋

  • 4期生
    赤松

入社の動機を教えてください。

赤松さん:私は、学生時代にやっていた携帯販売に携わるアルバイトから、お客様との関わりや営業的要素などに面白味を感じていました。社会人になる事を考えた時に是非この気持ちを活かせる通信業界の仕事をしたいなと思い就職活動をしていました。その中で、キャリアショップであればさらに詳しい専門知識を増やせるのはもちろん、【お客様が必要として下さる存在】になりたいとずっと思っていたので、いくつものキャリアの代理店を運営しているこの会社なら、きっと「自分のやりたいことが実現できる」と入社を決めました。
真喜屋さん:僕は、携帯業界とは全く別の専門職の学校へ行っていました。たまたま学校求人を目にし、「携帯や機械を触るのが好きだし、まずは説明会に行ってみようかな。」と思ったのがテレマート(株)に興味をもったきっかけです。会社説明会や面接など選考を受けていく中で親切な応対に好感を持ちました。事業内容も携帯販売に留まらず色んなことを手掛けていて面白そうだと思い、テレマートへの入社を決めました。
真柳さん:私は学生時代にコールセンターでアルバイトをしてたんです。コールセンターは[声だけの会話]になるので、お客様の【真意や電話越しの表情】を知ることが難しく、どこかもどかしさを感じ、直接話が出来る接客がしたいと思うようになりました。接客と言っても色々ありますが、積極的に参加していたボランティア経験から【自分から話したり相手の話を聞く】ことで、「やっぱり直接対面して時間をかけてお客様と関わる仕事に就きたい」という思いが強くなり、就職活動をしているうちに通信業会のテレマート(株)を見つけました。

入社してから感じたことを教えてください。

赤松さん:業界のアルバイトをしていて少しは自信があったんです・・・。でも本格的に携わってみると想像を超えて覚えることが多く、「そんな簡単には身につかないんだ」というのが一番の衝撃です。携帯SHOPの人は何を聞いてもスムーズに答えてくれるイメージがもともとありましたが、裏での地道な努力の積み重ねを知りました。先輩の姿を見ていても、失礼や誤案内に繋がらないよう、念のために情報の再確認などをしながらお客様応対をしています。
真喜屋さん:僕も同じです。想像以上に覚えることが多いですよね!
でも、苦手だと決めつけずに自ら挑戦しようと思ってやってきたら、色々出来るようになってきました。
真柳さん:私は、以前に覚えたことが「あれってどうだったかな?」と覚え直すことがあります。
同期の皆も、インターンシップの時から変わらずノートを見直したり、まとめたりしていますよね?

これからどうなりたいですか? (一年後、一年先の自分)

赤松さん:私を信頼して、指名してくれるお客様を増やしたいなと思います。あとはテレマートの一員として会社やお店に貢献できるような動きをコンスタントに行いながらも、もちろんお客様に合わせたプラス提案に「ここのショップ来て良かったな、貴女に相談して良かったな」と思ってもらえるのが一番理想です。お客様毎に異なるサービスの魅力をきちんと高め、ニーズにあった提案をするのが今の課題として取り組んでいます。
真喜屋さん:早く一人前になりたい!と思っています。なんでも先輩を頼るのではなく、まずは自分で出来るようにが目標です!!身近な目標としてまずは店舗内で何かしら№1と認めてもらいたいです。一人前になるには店舗の繁栄に貢献するだけではなく、どんな質問にも丁寧に応対して「真喜屋さんに聞いてよかった」と言ってもらえるスタッフになることを目標にしています。
真柳さん:今の配属店舗はスタッフ指名で来られる方が多く、先輩のように【私のファン】を増やしたいです!そのためには提案力や営業トークを磨いてその人にプラスαで提案したりできるようになりたいです。

入社後の研修について教えてください。

赤松さん:まずは、入社して最初の3日間は店舗に入らず全員で社会人としての心構えや振る舞い、お辞儀、敬語等のマナーをみっちり勉強できたのがすごく自分のためになりました。8月まで続いた月に一度の研修も、座学だけではなくロープレやグループディスカッションもありました。同期の皆と配属店舗が違うので、こういった実践的なロープレの場で交流できたのもすごく楽しかったですし、毎回新鮮な気持ちですごく勉強になりました。
真喜屋さん:5Sやお辞儀など基礎の基礎から教えていただきました。4月に取り組んだグループワークが僕の中では一番印象的でした。それは、課題を完成させるためのやり取りする中で、関わりの無かった人とも自然とコミュニケーションが取れました。僕は人見知りの面があったのですが・・・人見知りということを忘れるくらいすごく楽しめました!
真柳さん:研修を重ねるごとに、そのお客様に合ったおもてなしや販売に関するトークなど、店舗で役立つ研修も多かったです。印象に残っている一つにお辞儀練習がありました。一人ずつビデオに撮って見せてもらったことで自分の改善点が明確になりました。なにより、同期と集まることで、不安だったことも解消しながら知識を身につけることができたのでとても有意義でした。

店舗に入っていて楽しかったり嬉しいことは?

赤松さん:私は提案した商品がお客様の心に響きご契約いただけた瞬間がやったー!って気分になります。先日、お客様にご提案したオプションを「すすめてもらったの、使ってみて良かったからこのまま継続するね」と直接お話しをする機会がありました。私自身も気に入って使っているオプションだったので本当に嬉しかったです。
真喜屋さん:僕も一生懸命説明して、「じゃぁ、お兄ちゃんがそういうならそれでお願いします」と言ってもらえると、信頼してもらえた!と嬉しくなりますし、すごく遣り甲斐を感じます。
真柳さん:私も笑顔で帰られるお客様を見ると、「もっとこんなお客様を増やせるようになりたい」と思うのと同時に、この仕事って楽しいなと思います。

楽しい職場で私達と一緒に働きましょう!